Data Canopy logo

データ センター サーバーを検査する若い IT エンジニア

会社について

Data Canopy は、全国に展開する設備、接続の信頼性の高さ、カスタムフィットのクラウド ソリューションで、クライアントのデータ センターのニーズに対応します。

本社
米国メリーランド州コロンビア
業種
コロケーション サービス
Web サイト
https://datacanopy.com/

Data Canopy について

Data Canopy は米国に本社を置くハイブリッド インフラストラクチャ プロバイダーです。同社は、物理インフラストラクチャと仮想インフラストラクチャを 1 つの請求にまとめて接続、保存、保護することにより、ハイブリッド環境とマルチクラウド環境のコストと複雑さを軽減しています。カスタムフィットのデータ センターソリューションにより、企業は、現在および成長した未来のデータとビジネスのニーズを最適にサポートするインフラストラクチャ、ネットワークの冗長性、セキュリティを確保できます。

重要なポイント

  • VPN トンネリングから Megaport のグローバル ソフトウェア定義ネットワーク (SDN) へのプライベート接続に切り替えることで、毎月のエグレス料金に 20,000 ドルを支払っていたお客様のクラウド データ転送料金を半分に削減しました。
  • Megaport の国際的なプレゼンスと仮想ルーティング サービスである Megaport Cloud Router を利用して、お客様向けのグローバル ネットワーク ソリューションを展開しました。
  • Data Canopy のお客様がインフラストラクチャやハードウェアに投資することなく主要なパブリック クラウドに接続できるようにすることで、クラウド接続への参入障壁を下げる製品である Canopy Connect を発売しました。
  • Megaport を介してお客様に費用効果の高いデータ センター間の接続を提供しました。

ケース スタディのスナップショット

IaaS プロバイダーの Data Canopy は、Megaport と連携することで、お客様のクラウド エグレス料金をほぼ 50% 削減し、Canopy Connect を使用してグローバルなリーチを拡大します。これにより、お客様は物理インフラストラクチャに投資することなく、主要なパブリック クラウドに接続できるようになります。

課題

短いタイムラインでグローバル ネットワーク ソリューションを提供

Infrastructure-as-a-service (IaaS) 企業である Data Canopy は、全世界の 16 のデータ センターでコロケーション ホスティングを提供しています。

サウスカロライナ州に本社を置く物流・製造会社は、ビジネスに不可欠で難易度の高い課題に対処するために Data Canopy に相談しました。同社は、中国本土にいる 500 人のユーザーの接続速度が遅いことに苦労していました。これらのユーザーの E メールは、わずか 250 kbps のダウンロード速度で行き詰まっていました。これは、今日の家庭用高速インターネット接続の 1/400 程度です。

修正案を考え出すために 6 か月以上にわたって複数のベンダーと取り組んできましたが、実を結ばなかったため、Data Canopy に目を向けました。Data Canopy と Megaport は協力して、このお客様のグローバル ネットワークの信頼性を向上させるカスタム ソリューションを設計および展開しました。

解決策

Megaport と Data Canopy は 1 週間以内にネットワーク設計を開発しました。このソリューションは、深圳から香港の Megaport の接続ポイント (PoP) のいずれかに接続し、次にシンガポールの Megaport Cloud Router に接続します。ここで、アプリケーション トラフィックは、お客様のために米国に送られます。

Data Canopy は、深圳と香港で提案されたネットワーク設計を構築し、短いタイムラインでお客様向けの共同ソリューションを展開し、データ伝送速度を 250 kbps から 100 mbps に改善し、会社が通常の業務を再開できるようにしました。

利点

「エグレス料金コストの即時の潜在的な削減」

過去 4 年間に及ぶ Megaport パートナーの Data Canopy は、Megaport と協力することにより、お客様のクラウド データ転送料金を大幅に節約することができました。

Megaport で拡張できる柔軟性は当社にとって大きな価値
です。当社にとって、ターンアラウンドのスピードと迅速さ
はとても重要です。「ええ、1 日で提供できますよ。あるいは、
クロス コネクトのインストール後すぐに提供できます。
通信事業者とは対照的に、
当社はデータ センターに速度の責任を負わせています。[is important our customers]」

Data Canopy、セール スエンジニアリング EVP、Adam Thomas 氏


「当社は、お客様のためにプライベート クラウド インフラストラクチャと …AWS または Azure サーバーを構築します」と DataCanopy のセールス エンジニアリング EVP である AdamThomas 氏は述べています。「[With Megaport]、当社とお客様との対話が可能になり、エグレス料金のコストを即座に削減できる可能性があります。これが当社にとって対話の重要な部分になります。Megaport と関係を構築する前は、[Data Canopy customers] は VPN 経由で接続しており、高額なエグレス料金に見舞われていました」

これらのお客様の 1 社である英国に拠点を置くデータ インフラストラクチャ ソフトウェア会社は、Data Canopy が Megaport のグローバルなプライベート ソフトウェア定義ネットワーク (SDN) で AWS Direct Connect へのプライベート接続を有効にするまで、月額 20,000 ドルのエグレス料金を支払っていました。お客様の月額エグレス料金は半分に削減されました。

「私たちは、お客様を支援するために、そのソリューションの教育者と挑戦者になりました」と Thomas 氏は付け加えました。「すぐに付加価値が生まれます」

通常、Data Canopy のお客様は、AWS Direct Connect を使用するとエグレス料金をほぼ 50% 節約でき、Microsoft Azure ExpressRoute を使用すると 66% 節約できます。

接続への障壁を減らす

Data Canopy は Megaport を使用して、データ センター間の接続もお客様に提供しています。Data Canopy は、Megaport の SDN を使用するよりも最大 2.5 倍のコストがかかる可能性があるデータ センター オペレーターのデータ センター間ネットワークを使用する代わりに、パートナーのデータ センター内に Megaport ポートを設定して、お客様の需要に基づいて接続をスケール アップまたはスケール ダウンできるようにします。

「Megaport による拡張の柔軟性は、当社にとって大きな価値があります」と Thomas 氏は述べ、データ センター間で従来の専用回線をプロビジョニングする場合、通信事業者では 60~90 日かかることが多いと指摘しました。「当社は主にエージェント チャネルで作業しているため、エンド ユーザーから一歩離れています。私たちにとって、向きを変える速度と速さはとても重要です。「ええ、1 日で提供できますよ。あるいは、クロス コネクトのインストール後すぐに提供できます。通信事業者とは対照的に、当社はデータ センターに速度の責任を負わせています。[is important to our customers]」

Data Canopy は、Canopy Connect という名前の製品も発表しました。これにより、Data Canopy のお客様のクラウド接続への参入障壁が軽減されます。Megaport によって有効化された Canopy Connect を使用すると、お客様はキャビネットやハードウェアを購入することなく、Data Canopy コロケーション施設内のクラウドに接続できます。多くの場合、毎月のエグレス料金の節約効果は、Canopy Connect サービスのコストを上回ります。

Data Canopy の今後の計画

Data Canopy は、お客様のクラウド コストを削減し、パフォーマンスと信頼性を向上させるターンキー グローバル ネットワーク ソリューションを展開する方法として、Megaport の Network as a Service オファリングを引き続き活用することを期待しています。