ラストマイル接続方式の比較

ラストマイル接続方式の比較

2022 年のネットワークに関して言えば、企業はラストマイルに目を向けつつあります。しかし、エッジ接続にはどのようなオプションがあり、どれが最適なのでしょうか。

接続オプションは、インターネットの他の部分と同様に、常に変化しています。ラストマイル アクセスに関して言うと、特に価値、柔軟性、リスクのバランスを求める企業にとって、選択肢は絶えず進化しています。

2025 年までに、企業が生成するデータの 75% が従来のデータ センターまたはクラウドの外で作成・処理されるようになると Gartner は予測しています

簡単に言うと、この統計は、企業ネットワークにとってデータ センターからの安全で高性能な接続ではもはや不十分であり、エンドツーエンドが求められていることを意味しています。しかし、複数のラストマイル接続方式がある中で、どのような要素を使って評価し、最適なものを選べばよいのでしょうか。

ここでは、ラストマイル接続の選択肢を比較し、速度、セキュリティ、価格、パフォーマンス、柔軟性の面で最も優れたものは何かを見ていきます。

[ネットワークに関する重要な予測については、『Gartner Predicts 2022:Connecting the Digital Enterprise (Gartner 2022 年予測: デジタル エンタープライズの接続)』をダウンロードしてください。](http://Gartner , Predicts 2022: Connecting the Digital Enterprise)

オプション 1: コモディティ (パブリック) インターネット

**説明:**コンシューマー向けアクセスに加え、基本的なパブリック クラウド サービスを提供する、コンシューマー向けまたはコモディティ向けの公衆回線接続。物理インフラストラクチャには、銅線、同軸線、光ファイバー、またはこれらの組み合わせが含まれます。

**長所:**アクセスのしやすさ。ベースライン帯域幅の状況で役立つ。

**短所:**信頼性が低い、SLA の欠如、実装が遅れる可能性、プロバイダー側のセキュリティ オプションがない。

インターネット接続のトラブルが頻発することで、
企業は接続性の低下を余儀なくされますが、
「電源を切ったり入れたりしてみましたか」以外の
責任や解決策は提供されません。

水道や電気と同じように、ダウンしたり、利用できなくなるまでは、インターネットは必要不可欠で優れた公益事業だと言えます。スモール オフィスやホーム オフィスを商用またはコモディティ (一般に通信事業者) のソース経由で簡単に接続できることは魅力的に映るかもしれません。しかし、その偏在性にかかわらず、パブリック インターネット接続は、信頼性が低く、プライベートまたはエンタープライズ グレードの接続オプションのように厳格なアップタイム保証がないこともよくあります。天候の乱れから、ピーク時や予期せぬ需要期のボトルネックまで、さまざまな原因によるインターネット接続のトラブルが頻発することで、企業は接続性の低下を余儀なくされますが、「電源を切ったり入れたりしてみましたか」以外の責任や解決策は提供されません。

コモディティ インターネットのもう 1 つの問題はコントロールです。そのサービスはコンシューマー向けに設計されているため、ユーザーには住宅用加入者のプロファイルに適合する一貫した消費ニーズがあることが前提となっています。しかし、企業にとっては、パフォーマンスや帯域幅の要件が劇的に変化する可能性があります。新製品の発売、新市場への進出など、使用量の急増が見込まれる場合、上流と下流の両方の要素を考慮して、より広い帯域幅のオプションが必要となることがあります。しかし、コモディティ インターネットでは、一般的にそのようなレベルのコントロールはできません。新しい会社のマイルストーンが、ビジネスの収益に影響を与える災害に急速に変わってしまう可能性があります。

また、パブリック インターネットは、単に「接続」することによって生じるセキュリティ上の課題について包括的な最新の理解を欠く企業にとって、最も安全性の低いオプションです。単純なネットワーク アドレス変換 (NAT) の設定だけでは十分とは言えません。ランサムウェアやマルウェアの攻撃は、企業のインターネット ユーザーにとっては常に懸念事項ですが、ウクライナ紛争によって 最近、その数が急増しています 。これは、ビジネスの保護を求める企業にとっては大問題です。

パブリック インターネットにつきもののセキュリティの問題からビジネスを保護するには、どうすればよいでしょうか。詳細は、こちらをご覧ください。

オプション 2: FWA/LTE (4G、5G)

**説明:**固定無線アクセス (FWA) または LTE は、インターネット サービス プロバイダーが中小企業や家庭にラストマイル接続を提供するための代替手段です。LTE や携帯電話事業者のオプションの場合は、そのラストマイルが移動する可能性さえあります。

長所: 無線技術の適用範囲が拡大するにつれて、FWA と LTE は、ISP に対して、特に、これまで ISP が古い技術を改修したり新しいケーブルを敷設したりすることがコスト的に困難だった地理的な場所において、銅線、同軸線、ファイバーの組み合わせに代わる、より費用対効果の高い代替手段を提供することが期待されます。

**短所:**プライベートまたはクローズド APN で特別に提供されない限り、LTE にはパブリック インターネットと同じ問題である信頼性、コントロール、セキュリティの低さが伴います。データ通信の超過料金もよく見られ、以前は無制限だったプランも、より複雑なオプションに移行し、手遅れになるまでコストが見えないようになっています。

固定無線アクセスは、一般的に専用の外部アンテナ、特に周波数/帯域制御されたハードウェアを使用する多数の加入者にサービスを提供するために設計されており、インターネットやデータ転送の要件のために臨時に使用する携帯電話ネットワークで発生する可能性がある何層にも重なる不確実性と混乱を取り除くことができます。これは良い知らせであると同時に悪い知らせでもあります。FWA はコモディティ インターネットと同様、「プラグ アンド プレイ」方式で簡単に接続できるため、オフィスの勤怠管理が変化する場合や、勤務体系が現場と在宅の間で流動するような場合に便利です。

しかし、FWA にはコモディティ インターネットのあらゆる問題が伴うという不都合もあり、多くの場合、利用可能な帯域幅や月間データ量の上限が低くなります。また、地方にある会社では、ラストマイル接続の問題がさらに頻繁に発生する可能性があります。 また、企業はサービス品質にも注意を払う必要があります。ベンダーは通常、コンシューマーのニーズに合わせてサービスを提供しますが、上流または下流で一貫した帯域幅の利用が必要な企業では、この点が問題となる場合があります。物理的な障害という観点からは、物理的なファイバー オプションよりも信頼性が高い場合もありますが、高周波環境における問題の影響を受けやすく、その特定と修復に特定のスキルや機器が必要となる場合があります。

企業のコスト削減を最優先?ここでは、より費用対効果の高いネットワークを手に入れるための 3 つの方法を紹介します。

オプション 3: ダーク (プライベート) ファイバー/波長サービス

説明:「ダーク ファイバー」とは、既に敷設されているが、まだ使用されていない、あるいは現在使用されていない光ファイバー ケーブルのことです。 波長サービスは、単一顧客専用のファイバー ネットワークの特定の「色」を点灯することを指します。

**長所:**休止中のファイバー ケーブルや未使用の波長を利用することで、大企業はネットワーク アプリケーションに利用できる帯域幅を、既存のプロバイダーが占有する有線技術で提供できる容量や機能をはるかに超えて拡張することができます。

**短所:**このような光ネットワークの構築や運用にはコストがかかり、導入やメンテナンスを行うには訓練を受けた熟練した人材と設備が必要です。

プライベート ファイバーは、コモディティ インターネットを伝送するために使用することができますが、コモディティ インターネットの機能を強化することもできます。より高い信頼性、より緊密な制御、そして多層的なセキュリティを実現するより優れたオプションを提供します。ダーク ファイバーを利用すると、プライベート アクセスはできますが、アクセスのしやすさはありません。自社でネットワークを構築する場合でも、他社のネットワークをリースする場合でも、ファイバーの利用には真剣な取り組みが必要であり、場合によっては特定のライセンスや規制に関する契約が必要になることもあります。

ダーク ファイバーや波長ベースのネットワークを自社で管理することは、自社のベンダーになることを意味し、インフラストラクチャを常に監視する必要があるため、コストと時間がかかる可能性があります。また、リースを利用する場合、地域によっては利用できない、サポート料金が高額であるなど、商用プロバイダーに関連する多くの問題に再度直面する可能性があります。

ラストマイル接続に関して言えば、ファイバーは専用の光ネットワークを必要とする一部の企業にとっては理にかなっています。ネットワーク要素のコアはパッシブ (ガラス) なので、ダーク ファイバーを点灯させる部品、つまりアクティブ要素のみを交換することでアップグレードが可能です。例えば、リアルタイムのレプリケーションや大容量データの転送のために複数のサイトやデータ センター間で大容量の相互接続が必要で、インフラストラクチャを完全に制御したい場合は、ファイバーが適しています。

このオプションを検討する際の最小限のベンチマークは、10Gbps のスループット、ゼロ以下のレイテンシ、特定のルーティングを必要とするアプリケーションです。また、100 Gbps に移行するような場合、ファイバーの敷設をやり直す必要はなく、トランシーバーやアンプをアップグレードするだけで、いずれの端でも、または長いスパンでも使用できる点も注目に値します。それ以外の場合、多くの企業にとって、火力 (およびコスト) が大きすぎて導入を正当化できません。

オプション 4: SD-WAN

**説明:**仮想ソフトウェア定義広域ネットワーク (SD-WAN) により、企業は LTE やコモディティ ブロードバンド インターネット サービスを含むあらゆるトランスポート サービスの組み合わせを活用し、ユーザーがどこにいても重要なアプリケーションに安全に接続できるようになります。

**長所:**WAN 上のトラフィックを安全かつインテリジェントに、エッジから信頼できる SaaS や IaaS プロバイダーへ直接誘導します。パブリックとプライベートの接続オプションにまたがるパスやその組み合わせについては、レイテンシ、ジッター、特定のサービスへの最適なルーティング パスなどの要因に基づいて、負荷や障害によってリアルタイムに変化する場合でも自動的に判断することが可能です。

**短所:**すべてのソリューションに同じメリットがあるわけではありません。ワークロードの最適化やセキュリティ機能をよりインテリジェントに処理することで、さらに高い効率を実現する新世代のプロバイダーを評価します。

これまで取り上げた他のオプションとは異なり、SD-WAN を使うと、企業はラストマイル ネットワーキングをより直接的に制御し、さらに高度な柔軟性を実現することができます。顧客は、トラフィックを信頼できるプロバイダーに安全かつインテリジェントに誘導し、コストやホップ数の削減、エンドツーエンドのセキュリティ、ネットワーク パフォーマンスの向上を達成できます。しかし、すべてのプロバイダーが同じというわけではありません。ボトルネックやネットワーク管理の問題を回避するため、市場シェアが大きく、SD-WAN の機能が更新されている信頼できるプロバイダーを調べて選択します。

ラストマイルまで最適化された SD-WAN 接続を求める企業にとって、Megaport Virtual Edge (MVE) は、プライベートなソフトウェア定義ネットワーク (SDN) を介して超強力なブランチからクラウドへの接続を提供します。MVE を使用することで、企業は SD-WAN ゲートウェイ、仮想ルーター、統合トランジット ゲートウェイを数か月ではなく数分で構築し、業界トップの SD-WAN プロバイダーと統合できるのです。

最終決定

コモディティまたはパブリック インターネットは、そのパフォーマンスの低さ、セキュリティの問題、コントロールの欠如から、バックアップの選択肢としては優れていますが、プライマリ パスまたは唯一のパスとしてはお勧めできません。FWA や LTE は理想的な手段のように映りますが、一般的には、コモディティ インターネットと同じ機器やパスで処理され、ルーティングされます。ダーク ファイバーや波長サービスは、特定のユース ケースには適合するものの、短期的にも長期的にも非常にコストのかかる選択肢になる可能性があります。

大半のビジネス ケースにおいては、SD-WAN がますます検討に値するものとなっています。また、Megaport の統合パートナーが提供する MVE 強化型 SD-WAN を利用すれば、ビジネスの成長に応じて拡張できる、高性能でカスタマイズ可能なオプションを手に入れることができます。

MVE の詳細については、こちらをご覧ください。

関連記事

Q-in-Q に関するよくある質問:パート 2

Q-in-Q に関するよくある質問:パート 2

前回の記事 (http://www.megaport.com/blog/q-in-q-questions-answered-part-1/ ) では、

続きを読む